©Nagoga

一般社団法人 中日介護事業推進協会

〒454-0042 名古屋市中川区応仁町2-47-1

E−mail:zhongriyanglao@gmail.com

TEL:052-655-5717 FAX:052-655-5709

WeChatアカウント

  • 中日介護事業推進協会アカウント
  • 中日介護事業推進協会

中日介護産業シンポジウム(第1回)のご案内

2018-04-01 中日介護事業推進協会 実行委員会

 申込フォーム 

 中国の高齢化は「高齢化スピードが速い」「農村部の高齢者が多い」「女性の高齢者が多い」という三つの特徴があります。報告によると、65歳以上の高齢者は2030年に総人口の20.2%にあたる2億8000万人となり、その後ピークを迎える2055年には総人口の27.2%にあたる4億人に上るとの見通しがあります。

 それ故中国の高齢化は大きな社会問題であり中国政府も大変重視されています。中国共産党第18回全国代表大会及び第19回全国代表大会2回とも高齢化問題の解決策が重要な話題として検討されていました。政府の施策としては2016年から中国全国10市における介護保険制度の試行が始まり、2018年度から本格的に実施されると予想されています。また中国民間企業および外資企業による介護産業への参入も国から推奨される方針で進んでいる等、介護サービスを始め介護産業のあらゆる分野に渡って、中国介護産業の市場は千兆ドル以上の規模になると推測されています。

 実はこのように中国政府が高齢化に対し本腰を入れる以前の2013年頃から、中国の高齢化を大きなビジネスチャンスと狙い、全世界から中国の介護市場に殺到していました。その中でも、日本の介護企業が圧倒的に多くて7割以上を占めていると報告されています。中国よりも早い段階で超高齢化社会を迎えている日本において開発したノウハウを引っ提げて中国高齢社会に参入する様はまるで介護、養老産業における「ゴールド・ラッシュ」ですね。

 しかし、介護産業をうまく発展させるに必要な「介護人材」が、これからの中国には何千万人も足りず、今後中国政府の打ち出す施策も泥淖に陥る状態だと報告されました。介護人材の不足は日本でも大きな社会問題になっていますが、中国における介護人材不足の意味合いは「介護を教育できる人材の不足」故の介護人材不足なのです。この問題の解決には中国国内において高度な介護技術や知識を持った人材の育成が必要でありますが、人材育成を担う教育者や指導者自体の数が少なく、その数を増やす事も重要な課題となっています。その為、介護先進国である日本で活躍する在日中国人介護産業従業者には自分の介護キャリアを輝かせる機会になるのではないでしょうか。

 このような中、今回、中国介護産業において経験豊かな経営管理者2名様が来日されますので、中国介護産業に関する講演会や日中介護産業関連業者の交流会開催を企画致しました。

 中国の介護産業に感心を持たれる方、これから中国の介護産業で実力を活かしたい方には絶好のチャンスだと思います。ご多用とは存じますが是非ご検討いただき、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

講演会の内容概要

1、日中介護分野での架け橋

2、中国の介護産業の現状、課題、これからの進む道

3、中国で介護施設を立ちあげた時の経験および中国で介護施設を成功させるポイント

4、日本の介護産業の発展が中国の介護産業の発展に与える影響

5、在日中国人介護人材を中国の介護産業で活かすには

6、中国の介護施設の経営管理者から見た日本の介護産業の素晴らしさ

7、日本の介護産業の専門家から見た中国介護産業の実態および日本の介護企業のビジネスチャンスに関して

講演者紹介

王 洋: 

株式会社 HKR 代表取締役

一般社団法人 中日介護事業推進協会 代表理事

中日福祉人財協同組合 理事長

袁 鵬: 

中国中南大学 バイオテクノロジー専攻 修士

四川省德銘投資有限会社 統括マネージャー

2009年から現在まで中国にて4つ300床以上の総合介護

施設を立ち上げた中国の介護施設運営管理の専門家

許 可:

中国北京言語大学 人事管理専攻 学士

新疆楽善之家養老サービス有限会社 統括マネージャー

2010年から現在まで大規模な総合介護施設、

居宅介護サービス等幅広い分野で活躍され、運営管理から、

マーケティング、組織マネジメントまで経験豊かな実業家

平光 竜也:

介護福祉士、社会福祉士、主任介護支援専門員

株式会社 柔気 代表取締役

介護産業キャリア21年間

日本福祉大学社会福祉総合研修センター 兼任講師

ニチイ学館名古屋校 非常勤講師

 

時 間:

14:30~17:00

 

参加料:

会員様1000円、一般参加者1500円

 

場 所:

愛知県産業労働センター(ウインク愛知)1202室 

名古屋市中村区名駅4丁目4-38 TEL:052-571-6131

主 催:一般社団法人 中日介護事業推進協会  

共 催:株式会社HKR

申込方法: 

本ページの申込フォーム、電話、FAX、またWeChatアカウントに

下記情報をご記入した上、お申し込みください。

氏名、参加予定人数、所属先、職務、連絡先   

申込み先:

一般社団法人 中日介護事業推進協会 事務局 

担当:王・趙

Add:愛知県名古屋市中川区応仁町2-47-1 

Tel:090-6640-2501

FAX:052-655-5709

E-mail:zhongriyanglao@gmail.com